樹木葬の種類と特徴の説明

現在の日本では、少子高齢化や未婚率の増加などの社会問題により、永代供養墓や自然葬が注目されています。

双方の埋葬方法に共通するのが、個別では無く共同型式にして管理費用や初期費用などを抑制している事です。
1990年代に岩手県一関市で始まった樹木葬には、大きく分けて2つタイプがあり、里山型と公園型やシンボルツリー型があります。

神奈川の樹木葬の口コミ情報をまとめました。

里山型は、森林を埋葬する為に区画を整備し、故人一人に対して一本の樹木を植えて埋葬する型式の埋葬方法であり、自然に戻りたいという故人の遺志に最も近い埋葬方法として、人気の高い樹木葬です。

しかし、広い土地が必要となる為に用地の確保が難しく、都市からかなり離れた郊外や山間部になってしまう問題点や樹木葬用の埋葬区画の取得費用が高額な事などのデメリットがあります。

公園やシンボルツリー型は、墓地内のシンボルとなる樹木やオブジェなどを設置し、その周囲に共同や個別で埋葬する葬送方法であり、里谷型に比べて広い用地を必要としない為に、都市部で数多く造成されています。



樹木葬に対応している寺院や霊園では、シンボルツリーを日本人に最も好まれている桜にしたり、華やかな薔薇や色彩が多様である紫陽花、ツツジ、紅葉、椿などを植えて四季を通して楽しめる様に工夫を凝らしています。

読売新聞について紹介している良質なサイトの情報はこちらです。

又、以前よりペットの樹木葬は行われていましたが、ペットも飼い主と一緒の埋葬出来る様にペット霊園を併設している寺院や霊園が増えています。