永代供養とはどんなものか

最近では実家でずっと暮らす人よりも、地元を離れた大学や専門学校に行き、そこで就職する人が増えました。それは長男や長女も関係ありません。
家を継ぐとか、お墓を守るという意識が薄くなりました。


家や土地に縛られて生きてきた自分が、自分の子供には好きな場所で好きな職業について欲しいと思うのでしょうか。


親がお墓を管理してくれる間はいいのですが、両親が亡くなると、お墓の管理は、遠方の子どもたちは大変です。

また、結婚しない人も増えました。
子どものいない老夫婦もいます。

そんな場合は、その壇家のお寺で永代供養をお願いできます。
費用はお寺によりますが、50万~100万円でしょうか。

埼玉の永代供養情報サイトです。

位牌をお寺にあずければ、供養をしてくれ、お墓の掃除などもしてくれます。
まだお墓のない人たちでも、初めから永代供養込でお墓を作ってくれる霊園もあります。

お墓の石や大きさによりますが、100万から200万円ぐらいです。


誰も参ることのない草ぼうぼうのお墓にするよりも、そのほうがいいです。

最近では墓じまいといって、遠方のお墓をなくして、自分の近くに移す人もいます。

All Aboutに関しての情報を紹介しているサイトです。

また、都会では、靴箱のような形式のお墓もあるようです。
鍵であけて、引き出しのように取り出し、拝んで帰ります。

これだと場所をとらないし、草も生えないし、なんだか味気ないようですが、お墓参りをしないよりはいいでしょう。この場合も永代供養をお願いしておけば、安心です。その後、結婚しない子供たちがこのお墓に入れば、終わりです。