永代供養墓の特徴と利用する際の注意点

一般的なお墓は、子孫がお墓のある霊園(寺院)に毎年管理費(年会費)を支払うとともに、墓参りに訪れてお墓のメンテナンスをすることを前提としています。
しかし、近年は家族・親族関係の希薄化や未婚者の増加などの影響で、お墓の管理を子孫に安心して任せられる環境ではなくなっており、将来のお墓の管理についてお悩みの方も多いようです。

こうしたお墓の管理についての悩みを解決する方法として注目されているのが永代供養墓です。

永代供養墓は、寺院が子孫の代わりに後世にわたってお墓の管理と供養を責任を持って続けてくれるお墓のことで、一般に、大勢の人の遺骨を共同墓(合同墓、合祀墓)にまとめて納骨することにより、管理や供養にかかる手間を大幅に軽減しています。



永代供養墓を利用する大きなメリットは、最初に初期費用を支払うだけで毎年費用を請求されずに永続的に供養をしてもらえる点です。初期費用として支払うのは、永代供養料や墓地の使用料、納骨料、刻字料(墓碑などに名前を彫刻する料金)などですが、この費用は寺院によって大きく異なります。

コトバンクについて分かりやすくまとめてあります。

この違いは納骨方法の違いによって生じるもので、大きなお墓(共同墓)の地下の納骨棚に安置する方法や納骨棚を多数設置した建物の中に遺骨を安置する方法、個別の小さな墓碑の下に安置する方法など、納骨方法によって墓地の使用料や納骨料が変動するので、寺院に永代供養墓の納骨方法や費用をよく確認してみましょう。



なお、永代供養墓に一度納骨すると遺骨を返却してもらうことは困難になるので、納骨方法や寺院の立地などいくつもの条件を十分に考慮した上で慎重に決めることをお勧めします。