いくつかある自然葬の種類

自然葬とは遺骨を自然に散骨することで、魂を大自然の中に還そうという考え方です。

従来の墓に遺骨を収納するという弔い方法とは異なり、生物としてより自然な方法であると人気を集めています。

そんな自然葬にはいくつかの種類がありますが、ポピュラーなのは海や山に遺骨を散骨する方法でしょう。

特に日本は国土の周りを海で囲まれているため、海を身近に感じることも多いでしょう。

今、話題の便利なOKWaveについて学ぶならこのサイトは外せないでしょう。

しかし山や海に散骨するためにはその土地の所有者や漁業関係者らに了解を得る必要があります。



また、近頃は樹木葬と呼ばれる自然葬の種類が人気です。
こちらは霊園内に木を植えて、その根元に遺骨を埋めます。

木の成長を感じながら故人の供養をすることが可能です。もしくは敷地内にある一つの供養樹木の元にいくつかの遺骨を埋葬するという方法もあります。

宇宙技術が発達していることで、宇宙空間に散骨を希望する人たちも増えています。
スペースシャトルにカプセル状にした遺骨を乗せて、宇宙空間に到達したら散骨するというスタイルです。

いずれの自然葬のスタイルでも遺骨をパウダー状に細かくすることが条件として義務付けられています。


自分でハンマーを使って骨を砕くことも可能ですが、大切な遺骨を自分の手で砕くことを困難だと感じる人も多いでしょう。

そんなときは専門の業者に作業を依頼して、自分や故人が希望する場所に散骨をするのがおすすめです。



お墓に縛られたくない人や、遺された家族への負担を減らしたい人、様々な人に受け入れられる弔いの方法でしょう。