散骨をする際はよく考えて

日本人の生活スタイルが多様化している現代では、故人の供養も多様化しています。
従来通り、寺社仏閣にて供養を行う方もいらっしゃいますが、無宗教でお坊さんを呼ばずに葬儀をあげたり、お墓を建てずにいたりと様々です。

散骨もその中の一つで、近年、広く知られるようになってきました。

コトバンク関する情報選びで困った時に見てほしいサイトです。

これは、遺骨をお墓に埋葬するのではなく、海や山といった場所に撒くという方法です。


基本的にお墓に関する墓埋法という法律があり、それに規制されている範囲内で供養を行う形になります。
ですから、許可された場所以外での散骨は、基本的に認められません。

それは、たとえ自宅の庭であっても同じ事です。
散骨を行いたい場合には、専門の業者を通して行うと良いでしょう。

付近で許可が下りる場所を把握していますし、海の場合は、船のチャーターも行ってくれます。



遺骨を粉状にする粉骨作業も代行してくれる場合も多く、故人との最後のお別れに集中できます。
散骨は、お墓を建てて供養するよりも低価格な場合が殆どです。


お墓の場合には、墓石の購入が必須ですから、少なくとも100万円以上は必要です。


永年供養などを請け負ってもらうのであれば、200万円以上は準備しておかなければなりません。しかし、散骨は20万円くらいから可能なプランもあり、金銭的なメリットは大きいです。


しかし、遺骨が残らない為、後々にお墓を購入したいと心変わりした時に困るという事も有り得ます。

ですから、よく考え、家族や親族とよく話し合ってから実行するようにしましょう。